「mola!」1か月経ちました

インダストリアル先月の今日(誕生日だった)mola!をスタートして、ちょうど1か月経った。この1か月の気づきをメモしておこうと思う。

記事の更新について

まずは更新のめんどくささ。まあはじめのうちは記事書くのに1時間、更新に2時間くらいかかってて、毎日3時間くらいmola!の作業に時間を取られるようになってしんどかった。mola!は3人で毎日1記事を目安に書いてて、Googleドライブで作業している。使い慣れないGoogleドライブもこの1か月でやっと慣れたよ。

記事を書くときのルールとして「誰が書いても同じ文章になることが理想」「チラシに載っていることプラスアルファの情報を載せる」「熱を一定にする」というのがある(特集は別)。なので、ほかのひと(社長と社長夫人)が書いた記事でも、主語を「私は」とすることができる文章には手を入れている。そういうことやってたら、ひとの記事でもアップするのに余裕で1時間以上かかる。最近楽になってきたけど、初めのうちは結構この校正がしんどかった。あと、自分の記事も事実を淡々と書くのに加えて、メール等でインタビューした内容を盛り込むので、案外時間がかかる。

やっぱり1か月やってると慣れてきたのか、mola!の更新がちゃんと日常のルーティンワークになってきたし、作業時間もそんなにかからなくなってきた。

取材の依頼について

mola!では基本的に「勝手に記事を書かない」というルールを設けた。ある程度関係性が出来上がったら、「じゃ、リリースいただいたらいつものように記事書いとくんで」ということも可能になるかもしれないけど、そういうところはまだほとんどない。唯一、前の職場であった北九州芸術劇場に関しては、広報の方にリリースをもらって、お任せしますと言われたものに関してはこちらで考えて書くこともあるけど、それでも一度は広報担当と話をするようにしている。

取材の依頼をしてまずぶつかったのは、レスポンスがない場合にどうするかということ。何度かメールや電話をしたのち、それでもリアクションがなかった場合、勝手に記事にしない方針のmola!では、その公演の記事が書けない。この1か月で1回だけ、それでネタ切れして更新を休止した日があった。

mola!やkitaya505の認知度が低い、なんとなくあやしい、信用されていない、記事を掲載しなくてもよいと思っている、など理由はいくつかあるかもしれないが、過去に付き合いがあって、メールも二度送り、電話でも話したとあるカンパニーから、いまだにお返事がないのはちょっとどうしようかと思ってしまう。

単に分母が大きいから目立つのかもしれないけど、福岡市を拠点とするカンパニーにこの傾向が顕著なのがわかった。同じ福岡県でも、北九州のカンパニーは、レスポンスの速度の差はあれ無視ということはほとんどない。別に北九州を贔屓したいとか自慢したいとかではなくて、純粋に体感としてわかったことだ。

mola!を始めるにあたって、最初の方で「徹底的に、完全に、余すことなく網羅することを目標としたい」と伝えたのだけど、それと同時に、「最初のうちは、網羅できなくてもいい」とも言った。それは、上記のようなことを見越していたというのもあるし、自分たち3人だけでどこまでやれるのかわからなかったからというのもある。3人でやれる範囲が見えてきたとき、次にクリアしないといけないのは、取りこぼしのないようにすること。公演があるのはわかっているのに、お返事がもらえなくて記事にできないのは残念だ。別にkitaya的にはどっちでも1円の得にもならないんだけど、mola!を見てくれるひとにとっては損だ(たぶん)。これは今後も中長期的に付き合っていく課題だと思う。

ニーズについて

いまのところ、mola!のニーズについてはまだ測りかねている。まあ所詮まだ始まったばかりのサイトだし、ニーズ以前の段階だとも思っているけど。いまは、記事を掲載した小劇場系のカンパニー関係者が主にツイッターをフォローしてくれているという印象があるけど、その向こうにリーチするのが目標なので、そういう意味では、まだ全然ニーズのないサイトだと思う。まあこのへんはコツコツ続けていくしか方法はない。

目標について

よく訊かれるのだけど、どうやって収益化するのかということについて。アフィリエイトや広告収入を考えているのかと訊かれることが多いのだけど、そのどちらも考えていない。広告は、絶対にやらないということはないと思う。けど、広告でガッツリ稼ぐ気がない。アフィリエイトも、なんか、演劇関係の本とかDVDとか売って、紹介料2円とかもらうのほんとショボいし、そもそもmola!の目的はそれじゃない。九州の演劇情報を余すことなく網羅することだ。mola!が目標に近づいたなと思えたタイミングで収益化する作業も始めるつもりだけど、ここまで行けるのは早くて1年後、まあよくて3年以内かなあと思っている。

その他

おそらくmola!を始めることで、自分たちで予想もしてなかったおまけが転がり込んでくるだろうとは思っていたのだけど、この1か月でいくつかそのおまけが転がり込んできた。ひとつは、なんで予想してなかったのか不思議だけど、繋がりたい組織との接点ができた。あと、帝国データバンクの営業の方がkitayaの事務所に来たそうな。ウケる。帝国データバンクて。帝国データバンクさんのところにkitayaについてのお問い合わせがいくつか入ったらしくて、それで営業の方が訪ねてきてくださったらしい。いま検索したら、「九州」「モーラ」でいちばんにmola!が引っかかるようになったし、会社概要のページも割と見られてるっぽいことがわかる。これでkitaya仕事増えないかな。

以上mola!を1か月やって気づいたことのメモでした。これからmola!を1か月やってみようっていうひとは参考にしてください。

(※写真は「インダストリアルシティ」だそうです。意味はないです)