アイデアのリスクとリターン

bdc44fe12fd4730d08b3373f3cab3d45_m

あるアイデアを思いついたとき、たいていそこにはリスクがある。リスクに見合うだけのリターンがあるなと思えるからアイデアとしてのブラッシュアップをするんだけど、そういったアイデアの話を誰かにしたときに、リスク部分で抵抗されることが多くて疲弊する。

たぶん多くのひとが求めているのは、「リスクがなくてリターンが得られるアイデア」なんだろうけど、残念ながらそういうものを思いつくほどの才能はないし、あんまり興味もない。リスクがないアイデアから得られるリターンはたいてい少ないと感じているからかもしれない。

いま年に一度のアイデア放出期のようで、バンバンいろんなアイデアが出る。企画レベルのものもあれば、もうちょっと小さい、テクニック的なレベルのものもある。どれもコストとリターンを必ず考えるようにしているのだけど、悩ましいのは、コストがわかりやすく金銭的に測れるのに対して、リターンは必ずしも金銭的なものじゃない場合。たとえば人脈だったり実績だったり、そういうものはコストに見合うのかどうかが測りにくい。そのへんはまあ直感というか、それでもやりたいと思うかどうかに素直に従うことにするんだけど、他者に提案するアイデアの場合、金銭的なリターンがない時点でナシ、となってしまうことが多い。

ということで、思いついたアイデアをもうあんまり他人に話す気がなくなってきた。シェアさせていただいても、こっちにリターンがなんもないんよ……。

(※写真はリターンだ!!!!!!)