リターンを提供する

(特にお金のない)劇団関係者と話していると、「これやってほしい」みたいなことは言われるけど、リターンが提示されないことが多い。リターンが提示される場合であっても、こっちに先方のリスクやコストが分配されていることがある。そして、厄介なことに大抵それを自覚なくやっている。

「あなたにお願いしたい仕事はこれです、その対価としてお渡しできるリターンはこれです」という仕事とリターンのバランスが著しくおかしいと、その関係は遅かれ早かれ破綻する。

リターンというのは必ずしもお金じゃなくてもいい。相手がほしいと思っているものを提供できれば、支払うお金は問題じゃないこともある。お仕事をお願いする場合には、提供できるリターンについて考えること。

提供できるお金がないので、最近そういうことをよく考えています! 画像はありません!