mola!について思うこと

mola!はもうすぐ2周年を迎える。2年で850記事くらいになる見積もり。3年で1,000件くらい記事ができるといいなと漠然と思ってたことを考えると、まあ悪いペースじゃないんじゃないでしょうか。「ナタリーってこうなってたのか」という本を読んで思いついたmola!が、ナタリー(ステージナタリー)によって寿命を縮められたのは予定になかった。想定外ではなかったんだけど、3年はまあのんびりやれるだろうと思ってた。

これは半ば恨みごとでもあるし愚痴でもあるけど、ステージナタリーに企画書送るけどmola!にはなにも送ってくれないという団体が散見されて、「そっかー」という感じ。それは要するにmola!への評価でもある。数字(PV)を持ってるステージナタリーの方が評価されるのは当然のこと。それは広報戦略として間違ってない。ただ、mola!にも送ってほしい。別にもう一通メール送るだけで済むんだし。mola!になんにもくれない差別なんなん。

あと、さっきステージナタリーの登場で寿命が縮んだって書いたけど、ステージナタリーとmola!の記事見比べると、ステージナタリーの記事ってやっぱりどうしても必要最低限のことしか書かれてないことが多くて(ただ、企画書からここまで読み取って記事書けるかという記事構成能力には脱帽する)、そのへんmola!はもうちょい歩み寄れるので、そこらへんで差別化は図れるかなという感触もある。ただ、こちらが差別化を図れるなと思っていても、演劇関係者が悪い意味で差別してくれるとこっちとしては正直気持ちが萎える部分もある。完全に愚痴だな。

そしてせっかくだからもうひとつ愚痴を書くと、「今日稽古見て厚めの記事書いて明日アップして」みたいな無茶振りが来るのも、時期によってはつらい。「いま無理でーす」っていうのはできるだけ開示しているのだけど、それを把握した上で無茶振りが来ると、「安く見やがって……!」という気持ちになる。無料でなんでもやっているからこそ、こっちにも都合を優先させる権利はあると思うし(そのコスト/リスクをユーザーに支払っていただいている、という感じ)、クライアントの都合の方が勝る理由がない。だってアプリケーションだって無料版は一部機能が制限されてたりするじゃん。そういう感じ。

ただ、(こうして愚痴を書き並べたあとにアレだけど)上述のことはすべて「合同会社kitaya505の都合」であって、完全なポジショントーク。極論するとこれらは「みんなkitaya様の都合に従えよ〜〜〜」という話になる。それはそれで健全ではない。健全ではないけどさあ、恨みごととか愚痴とか言わせてもらうのは自由だよね〜〜〜〜〜。このサイト自腹切ってサーバー代とドメイン代払ってるんだからさあ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。

以上、mola!を2年で潰そうと思う根拠でした。画像はありません。