演劇×カードゲーム

ふと思いついたんだけど、演劇をカードゲームにする、っていうのはどうだろう。

劇場カードと戯曲カードと役者カードがあって、あと、スタッフカードもある。まず劇場カードをめくって、今回の公演で場に出せるカードの枚数が決まる。PARCO劇場なら10枚、北九州芸術劇場の小劇場なら6枚、とか。で、戯曲カードでその構成が決まる。全部役者で挑まないといけないとか、スタッフを●枚まで追加できるとか。あ、スタッフカードはサポート的な役割です。そんでまあなんだ、デッキから(デッキって言いたいだけ)最善のカンパニーをつくって、勝負! どう勝負するかは考えていません。

カードは基本的に実在する人物とか劇場とかが書いてあって、スタッフカードはまあ「舞台監督」とか「演出部」とかそういった役職名でいいと思うんだけど、なのでカードを集めることで、演劇について学ぶこともできるというすぐれもの。●代目市川なんとかってこういう役者だったのか、とか、唐沢寿明ってこういうのにも出てたんだな、とか。あ、この劇場とこの劇場ってキャパ同じくらいなんだ、とか。そういうのを遊びながら学べるカードゲームを作ったら、演劇ファンはもちろんのこと、演劇やってるひと自身も「俺もカードになりたい」みたいな感じになるだろうし、「え、今回のパックでMONOの土田さん追加されたんだ!?」みたいなのがあっておもしろいと思うんだけど、いかんせん俺には資本がないので、これ読んでるひとでアイデアパクりたいという方がいれば、どうぞご勝手に……。あと、よしもとクリエイティブエージェンシーさんとかでビジネスの話をしたいみたいなことがあれば、ご連絡お待ちしています。