「NEW!」vol.1終わりました

5月だったと思うけど、エンゲルの寺本さんに「なんかDJとかやったことないひとたちでやるDJイベントしたいんすよ」と言われ、そう思っていたので「そうすね」と答え、手元の手帳を見たところ5月7日にイベント名を考えるべく打ち合わせをしており、それが昨日実施された。

結論から言うと100点満点中180点くらいの奇跡みたいな神イベントになってしまい、ハッピーしかなかった。エンゲルとハッピー軍だからこそできたんだと思う。来てくださった方はわかると思うけど、ほんとよかったですね……。

ところで手帳を見てみると、タイトル案がたくさん書かれていて、「デイドリーム」をつけるとダサい、という話で盛り上がった記憶が蘇る。1時間半くらいタイトルに使える単語をピックアップして、なにがいいのかわからなくなってきた我々(寺本さんと俺)は、ハッピー軍のふたり(藤松さんと大野さん)に「この中から2単語を選んでくれ」と依頼。我々も2単語を選び、「4人で選んで2票入った単語は即採用でしょう」というルールを設けたところ、「ユートピア」と「Sunday」が2票を獲得(ちなみにこの2単語はどちらも藤松さんが選んでおりました)。「ユートピアSunday」あるいは「Sundayユートピア」というクソダサいタイトルになるのは絶対嫌だったので、「なぜSundayとユートピアはタイトルに使ってはダメなのか」を考えた。その結果、「Sundayだけにやるとは限らねえじゃん」という理由でSundayが早々に敗北、ユートピアは、なんかもう「いやダメやろこれ」というふわっとした理由でボツになった。

「もう1単語選ぼう」ということで再度1単語ずつ選んでもらったところ、yo!おおのまさが「ハウス!」と送ってきて、この「!」をつけるのがなかなかアリなんじゃないかということで、1単語に「!」をつけとけばなんとかなるの法則を見つけた我々は、すでに選ばれていた単語に片っ端から「!」をつけたところ、「new」がなかなかかっちりハマったというわけ。ちなみに、あんまり指摘されなかったけど、ロゴはノイ!(NEU!)というドイツのバンドそのまんまです。マジックで書いてデータ化した。3回くらい書き直した。

こうして「NEW!」というイカすタイトルが決まり、フライヤーをデータのみ作り、持ってる音源を見直し、田口商店やブックオフで安いCDを探しているうちに、昨日がやってきました。

2月から地獄のような忙しさで、まともに休んだの2〜5月の中で1日しかなかったんだけど、なんかこういうわくわくすることがあるのって大事ですね。先週はほぼ毎日のように寺本さんに会っており、気持ちが日に日に高まっていって、当日がマジで楽しみだった。昨日楽しみすぎて5時半に目が覚めたよ。仕方なくそのまま仕事した。

当初は全然頭になかったけど、子連れでも来られるイベントになるとよりハッピーですねということで、小さい子を連れてきてもオッケーな体制を寺本さんに整えていただき、結果3組の親子連れにお越しいただいた。政治家がよく「子ども産めや〜」というのを歯に衣着せぬ形で言って叩かれるというイベントが年1くらいで起こるけど、実際子どもって国益でもあると思うので、子どもを持っていない俺は、子どもを持っている方及びそのお子さまをとても大切に扱うべきなのではないか? みたいなことを考えるようになった。なので、「NEW!」を子連れでも楽しめるというのは、結構大切な柱のひとつになった。最初めっちゃ人見知りして泣きまくってた子が最後にはタッチしてくれたり、オープン直後に来たみっくり(生後10か月の子持ちかあちゃん)がラストまでいてくれたりとか、やったー! という感じ。

肝心の丘DJたちはみな最初は緊張してるんだけど4〜5曲かけたら「好きな曲かけられるの楽しい」という感じに変わってきて、みんな楽しそうでよかった。帰りにみんな「次また来る」とか「次はこういう縛りでやりたい」とか、「次」ってことを考えてくれて、あーやってよかったと思った。

ハッピー軍の活動理念は「ハッピーを増やす」というシンプルなもので、「はたしてそれでハッピーが増えるか?」というのが判断基準になってるのだけど、ハッピーしかない良イベントでしたね……。不思議な感じなんだけど、こういうのって終わるのが淋しいとか思いがちなんだけど昨日はそうじゃなくて、「次いつやろう?」という気分だったので、まったく淋しくなかった。ただただ楽しさしかなくて、いやーこういうことある? なかなかない気がする。

ということで早速寺本さんと「次7月のこの日にやりませんか?」「いいっすね、空いてます」「じゃあこれで」みたいなやりとりをして、めでたく「NEW!」vol.2の開催が7月22日(日)に決定しました。1時間延長して、14時から始まります。昼も夕方も夜もそれぞれに空気が違ってどれもエモいので、好きな時間に来て好きに楽しんでください。CD1枚でもいいから持ってきた方がより楽しいと思います。