キラーフレーズ

4ものづくりをする上で致命的だとも思うけど、語彙がない。あと知識もない。なにか新しいもののアイデアが浮かんだときに、他人に説明してもわかってもらえないことが多い。

知識はまあ日々の努力次第だとも思うので諦めるとして、語彙はなんとかなるんじゃないか。そう思って、語彙が豊かに見えるような方法はないか考えた結果、「事前に豊かな言い回しを考えておく」というのを思いついた。

過去の自分を鑑みるに、いい感想を述べる言葉が「よかった」「すごいよかった」「語彙がないのが残念だけど、とてもよかった」の3つくらいしかない。「語彙がない」というのを修飾語にしないといけないくらい、語彙がない。だけどそんな小学生の作文並みの感動しか伝えられない自分に別れを告げて、また新しい一歩をここから踏み出したい。

それで、1時間くらいかけて、いろいろな感動(ここでは広く「心が動くさま」と定義します)を豊かに表現するためのフレーズを考えたのでここで披露します。なにかの折に使っていただいても構いません。

【喜】
うれしさのあまりやったーとバンザイをしたら思いがけず肩を脱臼し、そのまま病院に運び込まれた
思わず親に電話して、「ぼくを産んでくれてありがとう」って言った
その日ワタミの社長よりも「ありがとう」って言った自信がある

【怒】
クリリンが殺されたときよりキレた
その後基本全部敬語でしゃべった
すぐさまその場で悪口を書いて、鍵付きのサブアカウントでツイートした
犬歯が臼歯になるくらい歯ぎしりした

【哀】
景色が滲んで見えた
泣き顔が工藤静香みたいな顔になった
いい大人なのにちょっと泣いた
雨に打たれた子犬のような顔をした
心が複雑骨折した

【楽】
笑いすぎて腸が捻れ、次の日病院に運ばれた
笑いを堪えようとして、なぜかおしっこがちょっと漏れた

【感動】
1冊の○○(小説、ミステリー、ドキュメンタリーなど)を読み終えたような気分になった
1本の映画を観終えたような気分になった

【動揺】
とりあえずお母さんに電話した

【放心】
花や空を眺めて過ごした
浮かんでいる雲に名前をつけて過ごした
気がつけば父の連帯保証人の欄にハンコをついていた

【適当に対処する】
今度行くライブのことを考えてやり過ごした
新潟の潟の字の書き順を頭の中で丁寧に思い出しながらやり過ごした
合コンの「さしすせそ」(さすが、知らなかった、すごい、センスいい、そうなんだ)の5ワードで乗り切った
話を聴きながらも、急に「クーポン」という言葉の響きが気になったりした

【万能なフレーズ】
心の扉が開いたり閉じたりした
眠れない夜を抱きしめた
Amazonでめっちゃ買い物した

【ネガティブな文脈で万能なフレーズ】
同窓会の連絡網の「行方不明リスト」に自分が載ってることを知ったときと同じような気持ちになった
1日中部屋にこもってYouTube見まくった

【誇張表現】
72ptくらいのフォントで書いてあった
○○が助けてと言っているような気がした
1日で3000いいね!を超えた

【悪口】
フォントで言えば創英角ポップ体
牛カルビの乗った寿司みたい
県で言えば埼玉、島根、佐賀

【自分の器の大きさアピール】
ついその場にいた全員分奢った
釣りは要らないと言って去った
お釣りは全部募金箱に入れた

【才能アピール】
○○とテトリスは日本でいちばんだという自信がある
子どものときには神童と呼ばれ、33になった今でも、地元に帰ればみんなが「ヨッ、神童!」と呼んでくる

【その他】
生まれてもいない未来の我が子が「お父さん、やめて」ってかなしい顔をしているのが見えた(我に返った)
マリオで言えばキノピオ(微妙なものを表現する際に使う)